カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?

失敗しないカードキャッシングとは?|@カードキャッシング
【カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?】失敗しないカードキャッシングとは?

年金受給者がカードローンの利用を考えると、一番大切な点は年齢制限ですね。ほとんどのカードローン会社が定めているのは、65歳〜70歳未満で上限年齢を69歳以下と記載しているところをよく見かけます。

失敗しないカードキャッシングとは? > カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?
[PR] 年末年始の前に!!何かとお金がかかりませんか?忘年会、新年会、クリスマス、旅行や帰省…賢いお金のやりくり♪
『クレジットカードが使えない!気づいたら現金が足りない?…と慌ててピンチの事態に…泣。』ですよね★

カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?

カードローンは年金受給者でも申込みできる!
年金受給者でも申込めるカードローン会社はあるのでしょうか?
年金受給者の方は、仕事をしていない いわゆる無職の方や年金を受け取りながらアルバイト・パートをしている方の2つのケースがあります。

この2つは大きく経済状況が異なることから、カードローン会社からも審査の際には評価するポイントがが少々違っているようです。

まず、年金受給者(無職の方)を例にあげてその収入から確認していきたいと思います。
年金と言っても公的年金と私的年金に分類されていますから、これまでにどのような仕事・組織に属してきたのかという点で、受け取っている年金の収入も全く違います。
カードローン会社が年金受給者の返済能力を評価するポイントは、年金が継続した収入だからです。年金は、たとえ病気になっても働けない場合でも死ぬまで変わりなく得ることができるという魅力的な継続収入なのです。

▼ 安心・信頼の大手カードキャッシング会社はこちら!

失敗しない低金利カードキャッシングはこちら!
年金受給者でも申込めるカードローンをご紹介しています⇒

◎カードローンには年齢制限あるので、注意!


年金受給者の収入には、継続的して得ることができるメリットがあるのですが、それは生きている限りという条件付きです。(※遺族年金についてはまた別の話ですからここではふれません。)

年金受給者がカードローンの利用を考えると、一番大切な点は年齢制限ですね。ほとんどのカードローン会社が定めているのは、65歳〜70歳未満で上限年齢を69歳以下と記載しているところをよく見かけます。

これは、年金受給者は高齢者であり死亡リスクが高まるので、いつまでも返済できるというわけではないことが容易に想定できるからに他なりません。そのために上限年齢を設定して返済できる期間が限られてしまいます。

ですから、70歳になると新規の借入はもちろんできませんし、既に契約をしていたとしても追加融資を断られてしまうわけです。いくつかのカードローン会社の年齢制限をまとめてみました。▼

・ 三菱東京UFJ銀行 - 満20歳以上65歳未満の方
・ レイク - 満20歳〜70歳の方
・ 楽天銀行 - 満年齢20歳以上60歳以下の方
・ みずほ銀行 - 満20歳以上満66歳未満の方
・ 住信SBIネット銀行 - 満20歳以上満60歳以下の方
・ オリックスVIPローン - 満20歳以上69歳までの方
・ アコム - 20歳〜69歳までの方
・ アイフル - 20〜69歳の方

このように、70歳を超えて利用できるようなカードローンはありませんので、年金受給者(無職の方)でも年金を受け取りながらアルバイト・パートをしている方でも、年齢制限で貸付の利用対象としてはNGとなります。


◎年金は本当に安定収入なの?


では、カードローン会社が安定した収入としている年金は、本当に安定した収入なのかどうかを整理して考えてみましょう。当然ながら、カードローンを利用できるできないという審査は、年金受給者を安定収入と認めているだけで、貸付OK!という結果が得られるものではありません。

気をつけなければいけないのは、各カードローン会社は他にも審査基準を設けているので、一概に年金受給者だから利用ができるわけではないということです。
しかし、年金受給者でも借入できるカードローンには特徴があり、上記の年齢制限を見ればわかりやすいですが、消費者金融会社(レイク・アコム・アイフル)や信販会社(オリックス)などが上限年齢を69歳としているので、審査に通りやすいという判断がしやすいでしょう。

このように、あらかじめ「年金受給者の方も利用できます。」・「20歳〜69歳までの方。」などと貸付条件に記載がされていることが、年金受給者が借入する点でカードローン会社を選ぶ大きなポイントなのではないでしょうか。


◎年金を受け取りながらアルバイト・パートをしている方


確かにここまで年金受給者でも申込めるカードローン会社を見ていくと、「年金受給者の方も利用できます。」・「20歳〜69歳までの方。」をクリアしているカードローン会社を選ぶことの重要性が大事なことがわかりましたね。

ここで、もう一つのポイントがあります。
年金を受け取りながらアルバイト・パートをしている方、要は定年退職後にもアルバイト・パートでさらに収入を得ている方の場合は、もう少し利用の幅が広がり審査に通りやすく、借りやすい環境にあることを覚えておきましょう。

例え、年金収入だけでカードローン会社の安定した収入と認められる基準に満たない場合も、アルバイト・パートの毎月の収入により審査にはプラスに働く面があるということです。

また、カードローンの貸付条件には「アルバイト・パートの方でも利用できます。」と書かれいたり、CMでも大々的に「アルバイト・パートの方もOK!」などという宣伝がされているように、年金受給者の貸付枠以外にもアルバイト・パートの貸付枠でも審査申込みがができるというから、審査に通る可能性が高いのです。

このように、あらかじめ「年金受給者の方も利用できます。」・「20歳〜69歳までの方。」・「アルバイト・パートの方でも利用できます。」・「アルバイト・パートの方もOK!」などと貸付条件に記載がされていることが、年金受給者が借入する点でカードローン会社を選ぶ大きなポイントなのではないでしょうか。

▼ 年金受給者の方、〜69歳までの方が利用できるカードキャッシング!

失敗しない低金利カードキャッシングはこちら!
年金受給者の方が審査に通る可能性が高いカードローンはこちら⇒
  更新日:2016年 3月 17日
カードローンの審査に通りやすい職業は?
カードローンの審査に通りやすい年齢は?
カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?
カードローンは自営業者でも申込みできるのか?

サイトマップ利用規約・免責事項プライバシー・ポリシー

【カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?】失敗しないカードキャッシングとは?|@カードキャッシング

年金受給者がカードローンの利用を考えると、一番大切な点は年齢制限ですね。ほとんどのカードローン会社が定めているのは、65歳〜70歳未満で上限年齢を69歳以下と記載しているところをよく見かけます。
-Copyright (C) 【カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?】失敗しないカードキャッシングとは?|@カードキャッシング All rights reserved.XML