カードキャッシング

カードローンは、個人向けの消費者金融サービスで、場合によっては”キャッシング”といったり”カードキャッシング”といったりしているのです。
【カードキャッシングの審査基準】失敗しないカードキャッシングとは?

失敗しないカードキャッシングとは?カードキャッシングの種類はいろいろあるようで、細かく年齢や職業による利用できるできないまで!

失敗しないカードキャッシングとは? > トップページ
[PR] 年末年始の前に!!何かとお金がかかりませんか?忘年会、新年会、クリスマス、旅行や帰省…賢いお金のやりくり♪
『クレジットカードが使えない!気づいたら現金が足りない?…と慌ててピンチの事態に…泣。』ですよね★

■失敗しないカードキャッシングとは?


失敗しないカードキャッシング カードキャッシングが必要になるときは、やはり急な出費があるときです。カードキャッシングの利用に慣れていないため、不安や疑問が多くどうしたらよいのか?と困ってしまう方が多いようですね。

最近ではインターネットでの申込みが増えているとはいえ、その膨大な情報量から次はどのカードキャッシングがよいのか?との戸惑いがでてくるという現状です。いかがでしょうか?

当サイトでは、できるだけ新しく確かな情報を皆さんにお伝えするために、カードキャッシングに詳しいいくつものサイトを手掛けてきた人物が主となって編集することで、カードキャッシングを利用される方の不安や疑問などの切実なる思いを解消するように努めてまいりますので、どうかご参考サイトとしてぜひご利用ください。

▼ 失敗しないカードキャッシングを利用しよう!

失敗しない低金利カードキャッシングはこちら!
低金利カードキャッシングはこちら、人気カードローンをご紹介しています! >>


■まずカードキャッシングの種類を確認しよう!


いつも生活の中で、お金を使う機会は何度もあります。ある程度の使いみちを見越して「これだけお金があれば足りるだろう。」というおおよその金額をお財布に入れている方が多いのが現状ではないでしょうか。

しかし、もし急な出費が必要な際に気軽に準備できるとしたらカードキャッシングの代名詞とも言えるカードローンなのです。カードローンは、個人向けの消費者金融サービスで、場合によっては”キャッシング”といったり”カードキャッシング”といったりしているのです。

もっと深く言うとすれば、銀行が取り扱うカードキャッシングを”カードローン”と言い、対して消費者金融会社の取り扱うカードキャッシングを”キャッシング”といったりすることが、一般的に多く使われる名称のようですね。

◎銀行系のカードローン

銀行系のカードローンは、銀行が提供する、個人向けの無担保ローンサービスです。

・ バンクイック - 三菱東京UFJ銀行
・ 三井住友銀行カードローン - 三井住友銀行
・ みずほ銀行カードローン - みずほ銀行
・ りそなプレミアムカードローン - りそな銀行
・ 新生銀行スマートカードローン - 新生銀行
・ 楽天銀行スーパーローン - 楽天銀行
・ ネットローン - 住信SBIネット銀行

◎クレジット系のカードローン

クレジット系のカードローンは、大手ノンバンクや大手クレジット会社が提供する、個人向けの無担保ローンサービスです。

・ オリックス VIP ローンカード - オリックスクレジット
・ JCB firstloan+ - ジェーシービー
・ CREST - オリエントコーポレーション
・ アプラスα倶楽部カード - アプラスパーソナルロ−ン

◎専業系のカードローン

専業系のカードローンは、個人向けの無担保ローンサービスです。

・ モビット - モビット

◎消費者金融

消費者金融のキャッシングは、借り入れの利便性が高い、個人向けの無担保ローンサービスです。

・ プロミス - プロミス(SMFGグループ)
・ アコム - アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)
・ アイフル - アイフル
・ NOLOAN(ノーローン) - シンキ(新生銀行グループ)
・ レイク - 新生銀行フィナンシャル(新生銀行グループ)

■カードキャッシングの審査基準


カードキャッシングには、審査が必要です。
また審査には銀行や消費者金融が決めた基準があり、年収や年齢などの条件からその審査基準に申込みできるかどうかを、あらかじめ判断することができます。

何だか難しい書き方となりましたが、要はカードキャッシングを利用する時には、まず”申込み資格の有無”を確認する必要があるということです。例えるなら、車を運転するには免許が必要で、免許を取るにはまず年齢や視力)○○以上(メガネ・コンタクトレンズでも可)などの条件を満たしている必要があるということです。

このようにカードキャッシングの審査基準と種類(銀行系・クレジット系・専業系・消費者金融のカードローン)は、いろいろと申込み条件が異なりますので、自分の目的や使いみちにピッタリなカードキャッシングを選び申込みするようにしましょう。
審査基準って、条件がイッパイ!?年齢、住所、職業、バイト、主婦、収入、勤続年数・・・
審査基準って、条件がイッパイ!?年齢、住所、職業、バイト、主婦、収入、勤続年数・・・ウソはだめっ!不安な方もあきらめないで!

▼ 審査基準って?よくわからない・・・不安な方もあきらめないで!

失敗しない低金利カードキャッシングはこちら!
安心して利用できる♪人気で信頼できる♪大手カードローン会社を利用しよう! >>

◎カードキャッシングの申込み基準 - 『年齢』

カードローンのキャッシングには、”20歳以上の方が申込できる”という対象が決められています。解りやすいですよね。18歳から申込みできると勘違いしやすいのではないでしょうか?

学生向けのカードローンもありますが、こちらも当然ながら20歳以上を利用対象としています。各金融機関は、20歳以上が下限年齢、上限年齢は65歳や70歳などと多少の差がありますが、利用条件として定めています。

◎カードキャッシングの申込み基準 - 『住所』

カードでキャッシングをおこなおうとすると、日本の国内に住まれていることが前提となります。これはお金を貸す側の金融機関が日本での利用者を対象としていることがあげられます。

しかし、近年では外国人の方も日本には多く住まわれていることやグローバル企業も多くその境目は、あまり無くなってきていると言っても過言ではありません。基本的には永住権があって特に問題がない外国人の方は審査に通ります。

また外国人登録証があれば、永住権に比べ審査はやや厳しきなるのですがOK!の場合もあります。外国人の方、どんな目的で日本に来たのかという点が大きいようです。日本には観光で来たという場合は、お金が足りなくなったからと言っても容易に借入することはできません。

このように、『住所』にこだわるのは、貸す側(金融機関)としては、突然連絡がとれない・・・どこに行った わからない・・・といったケースを未然に防ぐために大変重要視する点なのです。

◎カードキャッシングの申込み基準 - 『職業』

最近、ネット上では職業に関わる広告が多いように思いませんか?
「あなたの年収は○○円?」、「収入が○○円の方は●●をしている!」など、これらもリンクしているページを見ていくと、必ずどこかにカードローンやキャッシングの広告が張られています。

そうです!これはカードキャッシングの申込み基準にある『職業』とは、収入に大きく関わっているからです。特に”安定した収入がある方”という内容がどこの金融機関の貸付条件にも記載されているようなのです。

審査をおこなう中で、重要視されるのは安定した職に就いていること『職業』となるようで、順番に公務員→会社員→自営業→アルバイト・パートなどのような評価がなされるということになります。その職業別でもさらに深くみること、会社規模の大小、知名度の高低までも詳しく調べられ判断されます。

驚く点は、例えば年収800万円ある自営業者よりも年収400万円の会社員の方が審査に有利と判断されているようです。確かに、自営業者は明日仕事を失い収入が0円となる方もいるかもしれませんが、会社員では収入が0円になる可能性は極めて低いと言えます。

◎カードキャッシングの申込み基準『バイト』

カードキャッシングをおこなえる中でも、銀行は『バイト』の方など低収入の方にも貸し付けてくれます。その理由は真面目に働いている方は安定した収入があるからです。近年、契約社員という形態に身を置く方も大変増えており、現代人の生活スタイルに向いていることからもはや一つの働くスタイルとして確立しつつありますよね。

カードキャッシングの申込み基準では、『バイト』でおおよそ1年以上の継続勤務している場合は、問題なく審査に通ると言われています。各金融機関ごとに審査基準に違いはあるのですが、『バイト』で1週間に何回、月何回、掛け持ちしているバイトがあるなど、いくつかの独自の判断基準があります。

正社員の方に勝るとも劣らず、安定してたくさん稼いでいる方、勤務先では正社員よりも信頼されて仕事ができる方、現代では『バイト』も立派な生活スタイルとして浸透していますから、各金融機関も独自の判断基準はあるものの”その人個人”を見て信用がある人物かどうかを、しっかりと見定める時代となっているのでは無いでしょうか?

◎カードキャッシングの申込み基準 - 『主婦』

『主婦』が借入する場合、カードキャッシングで申込みできるカードローンの種類がいくつかに振り分けられます。正社員として働かれている主婦の方は借入には何も問題がありません。またはパート・アルバイトで安定した収入があれば、こちらも特に問題なくあらゆる金融機関で申込みがおこなえます。

例えば、消費者金融で申込みした場合、貸金業なので総量規制の対象となりますから、収入の3分の1まで借入ができます。例えば、年収が約90万円ある主婦の方は、およそ30万円までの借入が可能です。しかし。年収が0円の専業主婦となると事情が大きく異なります。

そうなのです!収入が無い専業主婦は、総量規制に準ずると借入できる金額も0円なのです。消費者金融のカードローンが借入できなければ、総量規制の対象外である銀行カードローンでの申込みをおこなうことで、配偶者に安定した収入があれば申込みができるようになります。
また、パートやバイトをしている主婦の方で年収が60万円程という方は、総量規制の対象である消費者金融で20万円しか借りれないので、総量規制の対象である銀行もしくは銀行系のカードローンに申込みするとよいでしょう。

◎カードキャッシングの申込み基準 - 『収入』

カードキャッシングができるできないという申込み基準には、各金融機関で大きな差があります。じっくりといくつかのカードローンの貸付条件を見ると年収○○円以上と書いてあるのは、総量規制の対象外である銀行カードローンばかりであることに気が付きます。

銀行では、限度額が大きい設定のために借入する方にもそれなりの収入が必要と判断しています。では、どうして消費者金融などは年収○○円以上と書いていないのでしょうか?それは「少ない収入の方にももれなく貸しますよ!」という柔軟な貸付をアピールするとともに、総量規制の対象であるために少ない収入の方にも貸付しないと借入対象者の枠が狭くなり過ぎて、顧客がいなくなってしまう恐れがあるからです。

また、銀行カードローンが厳しい審査の代わりにいざ貸付するときは低金利なことに対して、消費者金融などは審査が柔軟な代わりに貸付するときは高金利な特徴で、粗利を出していると言えます。細かくご説明すると”カードローンは限度額により金利が決まる”という設定なので、総量規制のために収入が少ない方は限度額も低いので返済時にかかる利息が多く支払うこととなります。

とりあえず、金利は高いけれど収入が少ない方にも貸付してくれる柔軟さを持った消費者金融カードローン、低金利ですが安定した収入がある方にしか貸付しないような審査が厳しい銀行カードローン、あなたはどちらを選びますか?いずれからの借入でも無理な返済とならないように、借入は必要な分だけに留めておきましょう。

◎カードキャッシングの申込み基準 - 『勤続年数』

一般的にカードキャッシングする場合、勤続年数が勤務状況を知るもっとも有効なポイントと言われています。特に難しいのは勤続年数が1年以下となる場合には借入ができないケースが多いということです。要は審査を通るほどの信用が足りないという結果ですね。

仕事を1年ほどですぐに辞めて、いろんな職場を転々としている方っていますよね。自由人のようなお気軽で生活がしたい方、他に何か目標がある方など様々でしょうが、いざカードキャッシングとなると残念ながら信用が得られないのです。勤続年数は、最低で1年以上と言われていますし長ければ長いに越したことはありません。

あまり良いことではありませんが、現在の勤続年数が1年以上になると、あらかじめカードローンに申込みして作っておくと良いかもしれません。いつかは転職・退職するかもしれませんから、万が一のために備えておくということです。将来、転職・退職後にお金が足りないからと申込んでも、また1年以上勤務するまで借入ができないかもしれませんからね。

◆失敗しないカードキャッシングとは?【まとめ】


カードキャッシングは、いくつか種類があることや条件を満たしている方のみお金を借りることができるという確認をしました。カードキャッシングの申込み基準にはいくつかあり、その内容からご自身でも借りれる借りれないをまず判断することができるのです。

とりわけ、銀行カードローンには低金利や限度額が大きい特徴以外にも総量規制の対象外であることを利用すれば、収入が0円の専業主婦でもカードキャッシングの利用可能なのです。

対して、総量規制の対象ある消費者金融では、柔軟な審査により収入が少ない方にまで貸付するなどして、即日融資な代わりに高金利での貸付で収益性を高めているのです。

このようなカードキャッシングの申込み基準を知っておくと、申込みの際にでもご自分にピッタリな借入をおこなえるとともに、返済についても計画的におこなえるのではないかと思いますので、ぜひともカードキャッシングを利用するときは当サイトの内容を覚えておいて参考にして頂けるとメリットがありますよ。

▼ カードキャッシングどれを選んで良いかわからない方へ、

失敗しない低金利カードキャッシングはこちら!
失敗しないカードキャッシング、低金利で人気のカードローンはこちら! >>

  更新日:2016年 3月 17日
カードローンの審査に通りやすい職業は?
カードローンの審査に通りやすい年齢は?
カードローンは年金受給者でも申込みできるのか?
カードローンは自営業者でも申込みできるのか?

サイトマップ利用規約・免責事項プライバシー・ポリシー

【カードキャッシングの審査基準】失敗しないカードキャッシングとは?|@カードキャッシング

失敗しないカードキャッシングとは?カードキャッシングの種類はいろいろあるようで、細かく年齢や職業による利用できるできないまで!まずカードキャッシングの種類を確認しよう!銀行が取り扱うカードキャッシングを”カードローン”と言い、対して消費者金融会社の取り扱うカードキャッシングを”キャッシング”といったりすることが、一般的に多く使われる名称のようですね。カードローンは、個人向けの消費者金融サービスで、場合によっては”キャッシング”といったり”カードキャッシング”といったりしているのです。カードキャッシングには、審査が必要です。また審査には銀行や消費者金融が決めた基準があり、年収や年齢などの条件からその審査基準に申込みできるかどうかを、あらかじめ判断することができます。
-Copyright (C) 【カードキャッシングの審査基準】失敗しないカードキャッシングとは?|@カードキャッシング All rights reserved.XML